鈴田常祐のバスケットボール「構え論」

鈴田常祐のバスケットボール「構え論」

スポーツ競技における「構え」とは、その競技の成長・発達の道すじのなかで“勝利”を得るために積み上げられ、形づくられてきました。
合理化された「構え」はすべての起点となり、逆にこれを怠るとすべてが崩れてしまう。「構え」から始まる一連の動作こそ、バスケットボール選手にとって最重要といえるのです。
今作では、攻防における「構え」から、ボールを受けてからの「向き直り」をどのように行うべきか、事細かに解説しています。
手首の使い方、足の向きといった細かいところにも言及し、動きを覚えるためのドリルも多数紹介しています。まさにファンダメンタルの極意ともいえるこの作品。『指導の根幹』として、ぜひお役立てください。
■指導解説:鈴田 常祐(元ユニチカ女子バスケットボールチームコーチ・監督)
■実技協力:明誠学院高等学校女子バスケットボール部

オンデマンドでのご購入はこちら

バスケットボール