小田伸午『走りの進化論』~なぜ、力感があると速く走れないのか~

小田伸午『走りの進化論』~なぜ、力感があると速く走れないのか~

速く走るという誰もが追い求めてきたテーマに、小田先生が斬新な理論で切り込んでいきます。
「地面を強く蹴る」「一直線上を走る」「しっかりあごを引く」など、いまだ陸上界には誤解されたままの指導があふれています。
表面の見た目ばかりに気を取られ、本人の主観とずれた指導を続ける結果、選手の将来をフイにしてしまうこともあるのです。
本作では、これまでの誤解を正しつつ、自然に理想の動きを身につけられる方法を紹介します。
■指導解説:小田 伸午(関西大学 人間健康学部 教授)山本 幸治(大阪市立桜宮高等学校)淺川 俊彦(東京大学附属中等教育学校)
■実技協力:大阪市立桜宮高等学校 陸上競技部

オンデマンドでのご購入はこちら

陸上