中長距離選手のための体系的指導法~ムダのない、効率的な走動作を身につける~

中長距離選手のための体系的指導法~ムダのない、効率的な走動作を身につける~

これまで中長距離の世界では、ただ高い強度で走る練習が主流となってきました。
「とにかく距離を走れ」「もっとガンガン補強を」といった練習で、耐えられた選手が強い選手とされてきたのです。
そこで本作では、『体系的指導』と銘打ち、専門的なトレーニングの前に実施しておくべきことを中心に紹介します。
今までの感覚的な指導から脱却し、ぜひ体系的で明快な指導を行っていきましょう!
■指導解説:榎本 靖士(筑波大学准教授/筑波大学 陸上競技部 中長距離ブロックコーチ)
■実技協力:筑波大学 陸上競技部 中長距離ブロック

オンデマンドでのご購入はこちら

陸上