運動連鎖アプローチ~触察と各種運動連鎖評価の方法~

運動連鎖アプローチ~触察と各種運動連鎖評価の方法~

運動連鎖(Kinetic chain)は字のとおり運動が鎖のように連なっていくことで、日常生活の動きやスポーツ競技における関節などの運動にはすべて運動連鎖が見られます。

このような円滑な動きを促すことで、実際の理学療法においても障害の予防や機能障害の改善が期待できます。

運動連鎖は運動学、動作分析を専門とする理学療法士にとってなくてはならない概念といえます。

ここでは筋緊張、筋膜の流れ、関節の圧迫牽引がどのように行われているかを触察から見た動作分析という方法を用いてアプローチしています。

■実技・解説:山本尚司(運動連鎖アプローチ研究所、理学療法士)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療