運動連鎖センタリング「CORE」アプローチ~身体軸の形成と抗重力下におけるスタビリティの向上~

運動連鎖センタリング「CORE」アプローチ~身体軸の形成と抗重力下におけるスタビリティの向上~

理学療法における機能障害を考えるとき、運動連鎖の理論とアプローチの必要性が高まっています。

運動連鎖とは、その名の通り運動が鎖のように連なっていくことであり、全ての動きが運動連鎖とも言えます。動きを専門とする理学療法においては、動きの中で機能改善を図っていくことが重要となります。

この動画では、体幹機能の三原則となる軸・丹田・スタビリティの形成を促す運動連鎖アプローチについて、その理論と評価・矯正の方法を詳しく解説しています。

「体幹システムと呼吸コントロール」では、運動連鎖の理論をパワーポイントの画像を用いながら分かりやすく解説。また、内在的な運動連鎖を整え、しっかりとした身体の軸と丹田を形成するために必要なアプローチを紹介しています。

「上部平衡系と下部平衡系」では、抗重力スタビリティを向上させるために必要なアプローチ、観察的な運動連鎖を実技で解説しています。また、体幹・足・肩甲骨の要素が全て入ったエクササイズも紹介。
筋連結や部分的なインナーやアウターではない全身の調和という概念のエクササイズとなっています。

■指導・解説:山本尚司(運動連鎖アプローチ研究所/理学療法士)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療