手指の関節可動性を保ち、手を使えるようにする/手のリハビリテーション < MCP関節 ・ PIP関節編 >

手指の関節可動性を保ち、手を使えるようにする/手のリハビリテーション < MCP関節 ・ PIP関節編 >

★手にみる代表的な臨床問題を考え、その解決の糸口をみつける!
★関節運動が可能な環境を整えるために!機能解剖に沿った徒手的治療法!
★解剖学・運動学を踏まえた関節機能の理解!

手の機能障害のうち、関節運動に関わる代表的な臨床問題を取り上げ、手指の関節可動性を確保するために、機能解剖に沿った徒手的治療法をご紹介します。

今回は、手全体の要となるMCP関節と、複雑な構造をもつPIP関節に的を絞り、解剖学・運動学を踏まえて、基本的な関節機能を学びます。さらに、代表的な臨床問題について、その原因と解決方法を解説。図解や実際の手技映像を交えながら、理論立てて一つひとつ丁寧に解説しており、非常に分かりすい内容です。

■実技・解説
矢﨑 潔 LOT.(目白大学 保健医療学部作業療法学科 教授)
■協力
佐中 孝二(有限会社生体機構研究所 取締役)
岡﨑 勇弥(大和会武蔵村山病院リハビリテーションセンター 作業療法士)
■協力
長谷川 彩香(目白大学保健医療学部作業療法学科 学生)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療