福岡第一 日本一の理由~残り14秒からのオフェンスと2-2-1ゾーンプレス~

福岡第一 日本一の理由~残り14秒からのオフェンスと2-2-1ゾーンプレス~

2016年に続き、2019年も2冠を達成した福岡第一高校。強さの謎を紐解いていくと、井手口監督のきめ細やかな指導、そして伝統の「速攻」のほかに、2つの事柄が浮かび上がりました。それが「残り14秒からの攻撃」と「2-2-1ゾーンプレス」です。
2冠達成には、必ず理由があります。そしてその理屈は、フィットするように調整すれば、どのチームにも当てはめることができるものです。成功しているチームの理論を、ぜひチームの強化に役立ててください。
■指導解説:井手口 孝(福岡第一高等学校男子バスケットボール部監督)
■実技協力:福岡第一高等学校男子バスケットボール部

オンデマンドでのご購入はこちら

バスケットボール