慢性痛のエビデンスと介入戦略

慢性痛のエビデンスと介入戦略

慢性疼痛治療では、痛みの軽減が第一目標ではなく、治療による副作用をできるだけ少なくしながら痛みの管理を行い、患者のQOLやADLを向上させることが重要です。
今回は慢性痛に関するエビデンスをもとに様々な介入方法を検討し、それぞれの介入戦略について解説いたします。

オンデマンドでのご購入はこちら

※金額は税抜き表示です。

疼痛リハビリテーション

疼痛リハビリテーションコース