腰痛に対するシステマティックな評価とアプローチ ~ 病態を判別する機能評価と病態に応じた運動療法 ~

腰痛に対するシステマティックな評価とアプローチ ~ 病態を判別する機能評価と病態に応じた運動療法 ~

◎ 医師と密に連携するために!理学療法士の病態理解を深める!
◎ 臨床経験と最新知見から見出した、シンプルかつ即効性が高い独自のアプローチ!

本来、運動器障害に適切にアプローチするためには、病態の理解が必要です。
しかし、日本の医療現場では、病態診断は医師の役割、機能障害の評価は理学療法士の役割となっているため、理学療法士の病態理解に対する教育が疎かにされているのが現状です。
理学療法士が病態理解を深めることで、医師と密に連携することができ、これまで解らなかった痛みの原因の理解や、新しい気づきに繋がります。

本作では、腰部の機能解剖と病態の理解にはじまり、病態を判別する機能評価、そして病態に応じた運動療法まで、システマティックな理学療法の展開を解説。従来の方法に加え、成田氏の臨床経験や最新知見から独自に見出した、本当に意味のある評価とアプローチの実践を紹介します。
本作を通じて、ご自身の臨床を見つめ直し、新しい発見や更なるスキルアップのためにご活用ください。

■実技・解説:成田 崇矢(健康科学大学 健康科学部理学療法学科 教授 / 理学療法士 / 博士(スポーツ科学) / 日本体育協会公認アスレチックトレーナー)

オンデマンドでのご購入はこちら

医療