【陸上ライトコース】中学3年生で14秒台を目指すハードル練習法~速いリズムを身に付けて目標タイムを達成する~

本作のポイントは、「速いリズム」にあります。
ハードリングの指導と言えば、ウォーキングやスキップといったゆっくりとした動きを用いて行うのが一般的ではないでしょうか?しかし、島津先生は「ゆっくりとした動作での練習では、実際の動き(スピード)に対応するのが難しい」と言います。
始めから速い動きで行うからこそ、実際の動きにスムーズに対応することができるのです。
■指導解説:島津 勝己(大阪府枚方市立楠葉西中学校 陸上競技部 顧問)
■実技協力:枚方市立楠葉西中学校 陸上競技部

オンデマンドでのご購入はこちら

※金額は税抜き表示です。

スポーツ

《陸上コース2》ハードル「安定したハードリングを身につける」