【陸上ライトコース】「スプリント」「ハードル」「走高跳」「走幅跳」のための基礎づくり

記録向上やスピードアップには「効率よく身体を使う」ことが必要不可欠です。
しかし「効率よく身体を使う」ことを選手に意識(理解)させ、実際の走りに結びつける事の難しさは、皆様の悩み処かと思います。
本作では、選手たちの意識・理解を深めるために、分かりやすいキーワードや工夫された練習方法を用いて多くの成果を上げてきた西京高校・渡邉先生の指導方法をご紹介します。

■指導解説:渡邉 為彦(京都市立西京高等学校 陸上競技部 顧問)
■実技協力:京都市立西京高等学校 陸上競技部

ご視聴にはログインが必要です。