カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
セラピストとして必要な事 1巻
臨床で結果を残すとは 【3/6】
臨床で結果を残すとは

動画を購入する

世の中の全ての物事には、良い面と悪い面があります。ベネフィットとリスク。これは臨床でも同じことがいえます。

できるだけリスクを小さくすることは大切ですが、その結果ベネフィットがゼロになってしまっては臨床で結果を残すことは出来ません。リスク判断には個人差がありますが、臨床に携わる以上は、科学的根拠に基づいてどこかに線引きしなければならないのです。

結果を出す人と、出せない人にはどのような違いがあるのでしょうか。
あなたは結果を出し続けていますか?

■指導者:比嘉 竜二(柴田病院リハビリテーション部 部長/理学療法士)
■発売日:2017年4月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.