カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
筋および受容器に対する治療的触察・刺激法<上肢編> 1巻
肩甲帯の触察
■各筋の触察とマーキング<肩甲帯>◎小円筋 【5/8】
■各筋の触察とマーキング<肩甲帯>◎小円筋

動画を購入する

ここで紹介する「治療的触察・刺激法」は、骨の表面に対して直角に圧迫し、筋の走行に対して直行するように刺激することで、侵害受容器あるいは触圧覚受容器に圧および摩擦刺激を加えるというもので、触察が治療の役割も担うのです。
前作の「骨盤部・下肢編」につづき、今回は肩甲帯と上肢における骨指標の確認の方法とマーキングおよび、約30の筋と受容器に対する具体的な治療的触察・刺激法を取り上げています。全てのテクニックを、施術者の視点からの映像と詳細な解説で紹介していますので、理解しやすい内容となっています。この映像をご覧いただくことで触察のコツを容易につかむことができることでしょう。
なお、筋触察の基本的な実施方法については、前作「ME126-S 治療的触察・刺激法 <骨盤部・下肢編>」にて紹介されていますので参考にしてください。また、臨床での応用の仕方につきましては、「ME114-S マイオチューニングアプローチの理論と治療技術」にて、痛み、筋不全、マヒによる運動機能障害等を即時的に改善する治療的アプローチが紹介されていますので、合わせてご活用ください。

■各筋の触察とマーキング<肩甲帯>
 ◎小円筋

■指導者:高田 治実 PhD,PT.
帝京科学大学医療科学部 東京理学療法学科 教授、博士(医学)
日本マイオチューニングアプローチ学会会長
■発売日:2013年11月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.