カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
即座に臨床に活かせる!股関節の評価と改善 2巻
身体運動における股関節の役割と評価
アプローチの例(理学療法の基本) 【1/1】
アプローチの例(理学療法の基本)

動画を購入する

このセミナーでは、“即効”をキーワードに股関節治療に定評のある永井聡・湯田健二・対馬栄輝の三先生が様々な角度から講義を展開いたしました。
永井聡先生は、画像と徒手からの股関節形態を評価し即効運動療法を展開し、また湯田健二先生は、身体の各部位との協調的側面からみた股関節機能改善方法を講義。
最後に対馬栄輝先生は、身体運動における股関節の役割とその評価を丁寧に解説いたしました。
本企画は、単なる指導解説映像と違い、300人を超えるセミナー当日の参加者の熱気、興奮が伝わります。また、別収録した映像とともに編集された内容は、即座に明日からの自身の治療に活かせるものと確信いたしております。

股関節の構造と役割を確認しながら、その機能障害と評価について理論的に解説しています。

■アプローチの例(理学療法の基本)
◎関節と筋の状態をよく知る
◎関節の動きと抵抗:屈曲の例
◎股関節のモビライゼーション[凸滑り(屈曲・外転)/離開]
◎腸腰筋の収縮練習
◎骨盤の固定性・動きの観察
◎運動に関わる筋と固定筋、股関節自動外転の例
◎運動は十分、骨盤の固定が不足/過剰/骨盤を固定して自動外転
◎片脚立位(CKC)の場合
◎骨盤可動性の評価
◎体幹・腰部の固定~片脚拳上ブリッジ~
◎筋力増強運動の工夫:外転筋~足底から抵抗を加えてCKCを想定~
◎より動作に近づけた筋力増強~踵接地を意識した外転・伸展運動~
◎下肢押し出し運動
◎複合運動による代償の抑制
◎安定性向上:遠位からのコントロール

■指導者:対馬 栄輝(弘前大学 医学部 保健学科 理学療法学専攻 医学博士・准教授)
■実技:モデル協力:奈川 英美
■発売日:2013年3月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.