カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
都立駒場・山下流「組織で粘るディフェンス」~トーナメントで負けない「弱者の戦略」~ 1巻
基礎を実戦につなげるトレーニング
ディフェンス実戦練習 【3/4】
ディフェンス実戦練習

動画を購入する

現代サッカーの主流である「ポゼッションサッカー」は、実際チームに取り入れてみると高い技術が必須であることがわかります。高い理想に現実の技術が追い付かず、選手が悔しい思いをしているチームも多いのではないでしょうか。
そこでこの映像では、格上チームが相手でも負けない、トーナメントで生き残るための戦い方をご紹介します。指導・解説は都立駒場高等学校の山下正人監督。公立の進学校で「一流選手は入ってこない」環境でも「真面目で一生懸命やる選手」を集めて強固なディフェンス力をつくり、結果を残してきました。

今回はその「ディフェンス」を中心に、基礎のトレーニングからその実践までをご紹介します。まずはスピード、強さ、という個のディフェンス力を伸ばし、いつ、どこへ追い込むかなどの約束事を踏まえながら組織のディフェンス力を伸ばします。また、ボールを奪った後はいかに少ない手数で相手陣地を攻め上がるかといった「守から攻の切替」についても解説しています。
選手の「勝ちたい」気持ちに応えたい指導者に、ぜひオススメです!

判断力を伸ばすには、相手を読む、意図をもって相手に行動させる、その経験が必要です。ハンドパスでその基礎をつくり、数的不利など様々なケースからのディフェンス練習を積むことで、どこでいつ奪うのかということの理解を明確にします。また、奪ってからの素早い攻守の切替が実戦で大きな武器となるはずです。

■イントロダクション

■指導者:山下 正人(東京都立駒場高等学校サッカー部監督)
■実技:東京都立駒場高等学校サッカー部
■発売日:2015年10月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.