JLCオンデマンド 【 バレーボール チームレシーブフォーメーションからの攻撃 】

チームレシーブフォーメーションからの攻撃

●様々な状況において正確で素早い判断をして攻撃につなげる

JLCオンデマンドでは、一柳昇の上級バレーボール理論「チームレシーブフォーメーションからの攻撃」の配信がスタートいたしました。
本作では中級・上級者に向けた実戦的な練習メニューとして、相手のレフト、ライト、センター攻撃からどのように切り返すかというパターンを丁寧に解説しています。
今回JLCオンデマンドでは、「切り返し練習」を集め、様々な返球方向を想定したポジショニングと攻撃展開についての指導法を配信しております。

会員登録ログインチームレシーブフォーメーションからの攻撃

チームレシーブフォーメーションからの攻撃

一柳昇の上級バレーボール理論~個人スキルアップからチーム力向上へつなげる練習法~ 【第2巻】

巻タイトル : レフト攻撃からの展開

指導 : 一柳 昇(前 環太平洋大学女子バレーボール部監督)
大西 努(環太平洋大学女子バレーボール部部長)
久保山 和彦(環太平洋大学体育学部健康科学科准教授)
実技協力 : 実技協力:環太平洋大学女子バレーボール部

詳細

今回のシリーズは、ずばり!中上級をめざす指導者に贈るその名も「一柳昇の上級バレーボール理論」。一柳氏が力を入れているレシーブの仕方はもちろん、そこからつなげる動き方・考え方を余すところなく紹介します。そして動画の中でも強調していることが「チーム力向上は個人個人のレベルアップ」があればこそ!ということです。チーム力を上げるには、各ポジションの選手が役割を理解して動き、スムーズな連係を取ること。言葉では簡単ですが『キーとなる選手』『動き出すタイミング』『フォローの仕方』『身体の使い方』等、見るべきポイントはたくさんあります。色々な選手を指導し、様々な場面に立ち会ってきた一柳氏ならではの実戦的なコーチングは非常に説得力を持っています。ぜひ日々の指導のヒントにお役立てください。さらに今回のシリーズでは、ワンランク上を目指す「右軸スパイク」の習得法を併せて紹介します。低身長チームだから・・・と悩んでいる指導者の方々にはぜひこの理論を身につけ、プレーヤーたちの飛躍に結びつけていただくことができればと思います。

非常に実戦的な練習メニュー。相手攻撃に対してブロックに行くものと行かないもののそれぞれの位置取りが大切でつなぎを見極めてスパイクの準備を行う。

■レフト攻撃からの展開
 ・時間差、エッジターンを使っての展開
 ・回り込みライト
 ・バックを有効に使う
 ・レシーブ位置の違いによる体幹の使い方など

一柳昇の上級バレーボール理論~個人スキルアップからチーム力向上へつなげる練習法~ 【第2巻】

巻タイトル : ライト攻撃からの展開

指導 : 一柳 昇(前 環太平洋大学女子バレーボール部監督)
大西 努(環太平洋大学女子バレーボール部部長)
久保山 和彦(環太平洋大学体育学部健康科学科准教授)
実技協力 : 実技協力:環太平洋大学女子バレーボール部

詳細

今回のシリーズは、ずばり!中上級をめざす指導者に贈るその名も「一柳昇の上級バレーボール理論」。一柳氏が力を入れているレシーブの仕方はもちろん、そこからつなげる動き方・考え方を余すところなく紹介します。そして動画の中でも強調していることが「チーム力向上は個人個人のレベルアップ」があればこそ!ということです。チーム力を上げるには、各ポジションの選手が役割を理解して動き、スムーズな連係を取ること。言葉では簡単ですが『キーとなる選手』『動き出すタイミング』『フォローの仕方』『身体の使い方』等、見るべきポイントはたくさんあります。色々な選手を指導し、様々な場面に立ち会ってきた一柳氏ならではの実戦的なコーチングは非常に説得力を持っています。ぜひ日々の指導のヒントにお役立てください。さらに今回のシリーズでは、ワンランク上を目指す「右軸スパイク」の習得法を併せて紹介します。低身長チームだから・・・と悩んでいる指導者の方々にはぜひこの理論を身につけ、プレーヤーたちの飛躍に結びつけていただくことができればと思います。

非常に実戦的な練習メニュー。相手攻撃に対してブロックに行くものと行かないもののそれぞれの位置取りが大切でつなぎを見極めてスパイクの準備を行う。

■ライト攻撃からの展開
 ・レシーブ位置によるスパイカーの動き
 ・アタックレシーブの間の取り方
 ・動き出しのタイミングなど

一柳昇の上級バレーボール理論~個人スキルアップからチーム力向上へつなげる練習法~ 【第2巻】

巻タイトル : センター攻撃からの展開

指導 : 一柳 昇(前 環太平洋大学女子バレーボール部監督)
大西 努(環太平洋大学女子バレーボール部部長)
久保山 和彦(環太平洋大学体育学部健康科学科准教授)
実技協力 : 実技協力:環太平洋大学女子バレーボール部

詳細

今回のシリーズは、ずばり!中上級をめざす指導者に贈るその名も「一柳昇の上級バレーボール理論」。一柳氏が力を入れているレシーブの仕方はもちろん、そこからつなげる動き方・考え方を余すところなく紹介します。そして動画の中でも強調していることが「チーム力向上は個人個人のレベルアップ」があればこそ!ということです。チーム力を上げるには、各ポジションの選手が役割を理解して動き、スムーズな連係を取ること。言葉では簡単ですが『キーとなる選手』『動き出すタイミング』『フォローの仕方』『身体の使い方』等、見るべきポイントはたくさんあります。色々な選手を指導し、様々な場面に立ち会ってきた一柳氏ならではの実戦的なコーチングは非常に説得力を持っています。ぜひ日々の指導のヒントにお役立てください。さらに今回のシリーズでは、ワンランク上を目指す「右軸スパイク」の習得法を併せて紹介します。低身長チームだから・・・と悩んでいる指導者の方々にはぜひこの理論を身につけ、プレーヤーたちの飛躍に結びつけていただくことができればと思います。

非常に実戦的な練習メニュー。相手攻撃に対してブロックに行くものと行かないもののそれぞれの位置取りが大切でつなぎを見極めてスパイクの準備を行う。

■センター攻撃からの展開
 ・アタックレシーブで胸骨を意識する
 ・ブロッカーはセッターが通る道を空ける
 ・流れながら打つ練習
 ・チャンスボールの場合のセッターの指示など
◎ブロック1枚
◎ブロック2枚(レフト側からの攻撃)
◎ブロック2枚(ライト側からの攻撃)

最大限に練習効果を上げるバレーボール指導法~「全力!!津商」秋津式チームづくりのすべて~ 【第6巻】

巻タイトル : レフト・ライト・センターからの「切り返しの攻撃パターン」

指導 : 秋津 修(三重県立津商業高等学校 女子バレーボール部監督)実技協力 : 三重県立津商業高等学校 女子バレーボール部

詳細

粘り強く安定した守備力と、速攻を中心とした攻撃力のある津商業高校女子バレー部。
今回のシリーズでは、秋津監督率いる津商が目指すチームづくりに則しながら、公立高校という限られた練習環境の中で最大限に効果を発揮するための指導法について紹介していきます。自チームよりも長身のチームや、能力の高いチームに対応するためには、様々な状況において正確で素早い判断力が要求されます。《人数を少なくしたゲーム練習》では、3人当たりのレシーブ範囲が広くなるため、「レシーブの読み」や「カバーリングのスピード」などを高める練習になります。
●レフト・ライト・センターからの「切り返しの攻撃パターン」
 *切り返しの攻撃パターン(レフト/ライト/センター)

若鮎新宮クラブ・新チームからの半年間を追う試合期に向けた三段階指導法 【第5巻】

巻タイトル : 6人の総合練習

指導 : 天野 実(若鮎新宮クラブバレーボールチーム監督)実技協力 : 兵庫県・若鮎新宮クラブバレーボールチーム(女子)

詳細

若鮎新宮クラブでは、新チーム結成時から試合期までの期間を3段階に分けて指導します。第1期では『自分達の動きを覚える』、第2期では『相手の動きに対応する』、第3期では自分達から攻め、更に相手に対応し『総合的に試合を展開すること』を目標にします。この映像では新チーム結成時(11月)から翌2月、5月と3回にわたりチームや個人がどのように変化していくのかを徹底記録。   試合期となる第三期(5月)の指導では、自分達から攻め、更に相手に対応し、総合的に試合を展開することを目的とした実戦的指導になります。試合まで2週間前の練習は必ず目標を立て、毎日その結果が出るようにして、気持ちよく次の日が迎えられるように工夫されています。数多くの練習や自分たちより強い相手との練習ゲームを通して、現段階での個々の技術、チームの状態を把握した上で課題を見つけ、課題に沿った練習を行い個人として、チームとしての熟成を図っていきます。チーム作りがよくわからない、時期に応じた練習がわからない・・・そのような悩みをもたれている指導者の方に役立てていただける内容となっています。

自然体バレー塾・基礎工事から実戦へ~実戦に活き、故障しない身体の動きを身につけるプログラム~ 【第3巻】

巻タイトル : 中学生の基礎工事 8. 攻め返しの局面練習

指導 : 草野 健次(自然体バレー塾 塾頭・日本バレーボール協会公認講師・前松下電池工業女子バレーボール部監督)実技協力 : 滋賀県大津市立志賀中学校女子バレーボール部、紀和ティンカーベルズ

詳細

自然体バレー塾から、待望の最新作が登場!
今作ではこれまでのシリーズで紹介したものを進化させ、より実戦につながる練習法を行っています。自然体シリーズでは初めての『ゲーム形式の練習』を収録しています。講習会でもあまり見ることのない、実戦に近い練習です。

バレーボールの現場でよく見かけるシーン…「あっ!」とお見合いをしてしまったり、無理なフォームでサーブを打っていたり。これにはきちんと原因があり、もちろん防ぐことができます。ここでは身体のメカニズムからひも解き、基礎からの動きづくりを解説しています。
また、中学生では難しいといわれている「クロススパイク」の習得などを、自然体バレーならではの切り口で紹介しています。難しいことを簡単に、きついことを楽しく。選手が自ら伸びていく指導を、ぜひ体感してみてください!

この巻では第2巻の基礎編を発展させ、より実戦で使える動きを意識していきます。前半部は小学生の基礎工事と同じく、姿勢やフォームのドリルから始まり、後半部の対人ドリルへとつなげていきます。中学生向けとはありますが、段階を経たうえであれば、小学生の選手にもぜひ応用させたいものばかりです。 特長としては「中学生が習得できる段階的ドリル集」として、これまでの「ひろえ!上げろ!」、「あきらめるな!」といった様な叱咤激励型の指導スタイルとは違う、新たな指導法を紹介しています。基本練習の前段階である地固めの基礎工事からしっかりと学ぶことで、より一層バレーボールライフを楽しむことができるでしょう。

■中学生の基礎工事
 8.攻め返しの局面練習
  ・4vs4攻防 (ハーフコート・レフト/ライトから)
  ・5vs5攻防 (ハーフコート・レフト/ライトから)

シーガルズ 河本昭義監督のバレーボール指導のポイント 【第1巻】

巻タイトル : レフト攻撃からの対応と展開

指導 : 河本 昭義(シーガルズバレーボールチーム監督)実技協力 : 大阪国際大和田中学校女子バレーボール部、大阪国際滝井高等学校女子バレーボール部

詳細

「経験のあまりない選手をいかに育てるか?」そして「いかに試合巧者にするか?」をメインテーマに、河本監督の独特な視点から指導のポイント(ノウハウ)を全面公開!ゲームでの数多く起こりうる場面を設定・再現し、周りの選手のフォローなどきめ細かに指導、練習を段階的に繰り返していきます。「どうしてこのようなミスが起きたのか・・・?」「その対処方法として最善の方法は・・・?」常に選手に問いかけ考えさせ、チームとしての判断力を全員で考える、いわゆる「シンキング・バレーボール」の全公開です。選手への細やかな声のかけ方、練習の組み立て方、能力の見極め方等も注意深くご覧ください。新たな指導のヒントがどこかに隠されているはずです。ここでは、大阪国際大和田中学校女子バレー部をモデルとして、様々な返球方向を想定した攻撃展開の中で、各ポジションの動き方と、チームとしての全体の動き方について指導。また、成長段階である選手達の体力やキャリアに応じた指導法についても学ぶことができます。

シーガルズ 河本昭義監督のバレーボール指導のポイント 【第1巻】

巻タイトル : ライト攻撃からの対応と展開

指導 : 河本 昭義(シーガルズバレーボールチーム監督)実技協力 : 大阪国際大和田中学校女子バレーボール部、大阪国際滝井高等学校女子バレーボール部

詳細

「経験のあまりない選手をいかに育てるか?」そして「いかに試合巧者にするか?」をメインテーマに、河本監督の独特な視点から指導のポイント(ノウハウ)を全面公開!ゲームでの数多く起こりうる場面を設定・再現し、周りの選手のフォローなどきめ細かに指導、練習を段階的に繰り返していきます。「どうしてこのようなミスが起きたのか・・・?」「その対処方法として最善の方法は・・・?」常に選手に問いかけ考えさせ、チームとしての判断力を全員で考える、いわゆる「シンキング・バレーボール」の全公開です。選手への細やかな声のかけ方、練習の組み立て方、能力の見極め方等も注意深くご覧ください。新たな指導のヒントがどこかに隠されているはずです。ここでは、大阪国際大和田中学校女子バレー部をモデルとして、様々な返球方向を想定した攻撃展開の中で、各ポジションの動き方と、チームとしての全体の動き方について指導。また、成長段階である選手達の体力やキャリアに応じた指導法についても学ぶことができます。

シーガルズ 河本昭義監督のバレーボール指導のポイント 【第2巻】

巻タイトル : センター攻撃からの対応と展開

指導 : 河本 昭義(シーガルズバレーボールチーム監督)実技協力 : 大阪国際大和田中学校女子バレーボール部、大阪国際滝井高等学校女子バレーボール部

詳細

「経験のあまりない選手をいかに育てるか?」そして「いかに試合巧者にするか?」をメインテーマに、河本監督の独特な視点から指導のポイント(ノウハウ)を全面公開!ゲームでの数多く起こりうる場面を設定・再現し、周りの選手のフォローなどきめ細かに指導、練習を段階的に繰り返していきます。「どうしてこのようなミスが起きたのか・・・?」「その対処方法として最善の方法は・・・?」常に選手に問いかけ考えさせ、チームとしての判断力を全員で考える、いわゆる「シンキング・バレーボール」の全公開です。選手への細やかな声のかけ方、練習の組み立て方、能力の見極め方等も注意深くご覧ください。新たな指導のヒントがどこかに隠されているはずです。ここでは、レフト攻撃、ライト攻撃に続く内容として、《センター攻撃からの対応と展開》について、重点的に紹介。指導者にとって、今まで行ってきたバレーボール指導の視点(ポイント)を、さらに幅広く考え直すためのヒントとなるでしょう。

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.