JLCオンデマンド 【 陸上 競歩&走りに繋げるための歩行 】

競歩&走りに繋げるための歩行

●正しい歩き方を身に付け、より効率的な体の使い方を習得する!
●多くの指導者から要望があった『競歩』についての解説が登場!

JLCオンデマンドでは、『競歩指導のABC~まずはここから!正しい歩型と効果的ドリル解説~』の配信がスタートいたしました!
本作では「歩型」と「ドリル」というテーマで、ここだけは押さえておきたいという競歩の基本から指導のポイントまでをご紹介しています。競歩の競技経験のない指導者が抱く「教えられない」「わかりにくい」を解決する作品です。
また、正しいフォームで歩くことはランニングフォームをつくる上でも、非常に有効です。今回、JLCオンデマンドでは、『競歩指導のABC』の配信に合わせて「走りに繋げるための歩行特集」を組み、歩行から正しいランニングフォームを獲得するための動画を集めました。

会員登録ログイン競歩&走りに繋げるための歩行

競歩&走りに繋げるための歩行

競歩指導のABC~まずはここから!正しい歩型と効果的ドリル解説~ 【第1巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 三浦 康二(成蹊大学)実技協力 : 明治大学競走部、ほか

詳細

多くの指導者から要望があった『競歩映像』がついに登場です! なかなか教えるのが難しい、何をさせればいいのかわからない。このような声をたくさん聞いてきました。その最も大きな理由が、競歩が「判定競技」であるということです。反則を取られ、失格になってしまうという側面から、経験のない指導者からはどうしても避けられてきていました。しかし、競歩は日本人が海外で勝負できる競技であり、もっと選手の数が増えるべき競技のはず。そこでこの映像では「歩型」と「ドリル」というテーマで、ここだけは押さえておきたいという、基本技術を紹介しています。指導・監修は成蹊大学の三浦先生。選手としても活躍され、近年は日本陸連で競歩担当の科学委員や審判の育成なども務められています。選手としての目、コーチとしての目、審判としての目を通し、様々な角度から競歩を斬ってくれました。競歩は難しいものではありません。まずはここから、この映像で基本技術を身につけていきましょう!
■イントロダクション

興譲館・長距離ランナー走りのつくりかた ~安定した走りを生みだす、補強運動と動きづくり~ 【第1巻】

巻タイトル : ウォーキングからのフォームづくり

指導 : 森政芳寿(興譲館高校陸上部監督)実技協力 : 興譲館高校女子陸上部

詳細

都大路で7年連続3位以上、そして2010年に2度目の優勝を果たした興譲館高校の指導法をついに公開!今作では、名将・森政監督が長年かけてたどり着いた、最もムダのない、理想的なフォームのつくり方を紹介しています。その秘訣は徹底した補強運動と、計算された動きづくりドリルにあります。映像で良い例と悪い例を交えながらフォームを解説しているので、明快に指導のコツがつかめるはず。指導する選手の軸が安定し、リズムのいい走りに変わっていく様子を、ぜひ体感してみてください!中学生・高校生、男子・女子を選ばず、お役に立てていただけます!

■ウォーキングからのフォームづくり
☆ムダのない走りをつくるために欠かせない競歩練習。肩、腰、ひざを一直線にして軸を意識します。
◎競歩(ウォーキング)
◎ウォーキング⇒ランニング

あらゆるアスリートを育てる『早稲田流・ランニング改革』~速く、効率よく走るための理論とドリル~ 【第1巻】

巻タイトル : ウォーキング⇒ジョギング

指導 : 監修・礒 繁雄(早稲田大学競走部監督)
指導解説・小島 茂之(株式会社アシックス/早稲田大学競走部コーチ)
実技協力 : 実技協力・木村 慎太郎(株式会社アシックス)/早稲田大学学生サポートスタッフ
撮影協力・早稲田大学競走部

詳細

速く走ることについて、まだまだ誤解されていることが多くあります。地面を強く蹴る、スタートではしっかり前傾をする、腕振りは肩を固定して大きく…。とにかくダッシュを繰り返すだけ、フォームは個人任せで、詳しく指導や練習をすることはない。陸上部でもなければ、指導は特に必要ないと思われているのが現状ではないでしょうか。
そこでこの動画では、日本トップクラスの陸上部である「早稲田大学競走部」を率いる礒繁雄監督に、“他競技”のためのスプリントトレーニングを解説してもらいました。
本編では、速く走るための姿勢や歩き方から始まり、効率的に力を伝えるようになるためのドリルを多数紹介しています。指導を担当するのは同校OBでシドニー五輪代表の小島茂之氏。現在はクリニックなどで多くの選手を指導する立場であり、そのなかから得た、指導のコツなどにも触れています。
最新の理論と実技を、ここまでしっかりと網羅した動画は他にはありません。競技力向上には不可欠な走りの技術を、ぜひ様々な競技の指導にお役立てください!

■ウォーキング⇒ジョギング
◎肩甲骨の柔軟性チェック
◎ウォーキング
◎早歩き
◎ジョギング

実戦!ハードル競走のための動き作り&ドリル
~70パターン以上のハードルトレーニング~ 【第1巻】

巻タイトル : 柔軟性

指導 : 北村 肇(中京大学附属中京高等学校陸上競技部監督、さかえクリニックTC監督)実技協力 : 吉岡 康典(TRUE)
久田 尚弥(さかえクリニックTC)
山崎 由加里(さかえクリニックTC)
中京大学附属中京高等学校陸上競技部

詳細

この動画ではハードラーに必要な柔軟性/動きづくり/ハードリングドリルなど様々な観点から構成された効果的レベルアッププログラムをご紹介しています。 必要最低限のポイントを効果的に映像化・・・今までに類を見ない画期的な構成で編集されています。 10台のハードルをクリア、そして歓喜のゴールを目指し、このプログラムを楽しみましょう!

●柔軟性
ハードル競技を行なう上で、柔軟性の獲得は必須です。
練習だけではなく日常生活のあらゆる機会を利用して柔軟性が身に付くストレッチ、ドリルを紹介します。
 ・静的柔軟性ドリル
 ・動的柔軟性ドリル
 ・動的柔軟性と動きづくりドリル(歩行)

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.