JLCオンデマンド 【 陸上 種目別トレーニング 】

種目別トレーニング

●体幹が機能すると姿勢が変わる!姿勢が変わると技術練習の効率が上がる!
●量だけのトレーニングとの決別!1種目10回で大きな効果を得る方法とは!?

JLCオンデマンドでは、『BCT「ベース・コントロール・トレーニング」~日体大駅伝部、大躍進を支えた体づくり~』の配信がスタートいたしました!
「ベース・コントロール・トレーニング」は、体のバランスを整え、正しく理想的な動きを行うためのエクササイズであり、ぶれない体幹作りがランニングの際の姿勢の矯正と技術練習の効率アップにつながります。
今回、JLCオンデマンドでは、『BCT「ベース・コントロール・トレーニング」』の配信に合わせて「種目別のトレーニング特集」を組み、各種目の特性に合わせたトレーニング法をご紹介する動画を集めました。

会員登録ログイン長距離投擲跳躍短距離全種目

長距離

BCT「ベース・コントロール・トレーニング」~日体大駅伝部、大躍進を支えた体づくり~ 【第1巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 原 健介(日本体育大学駅伝部コンディショニングトレーナー/はら鍼治療院)実技協力 : 日本体育大学駅伝部

詳細

2013年の箱根駅伝で空前の躍進を遂げ、30年ぶりの総合優勝を果たした日体大駅伝部。
その原動力となったひとつに『BCT』というトレーニングがあります。
BCTとは「ベース・コントロール・トレーニング」の略であり、体のバランスを整え、正しく理想的な動きを行うためのエクササイズです。
野球、バスケット、サッカー、バレーボール…どんな競技においても体幹の重要性が叫ばれ、体幹トレーニングはもはや常識ともなっています。しかし、その現場で行なわれているものは、形だけが似ている別のトレーニングになっていることが非常に多いのが現状です。むしろ、間違ったトレーニングは無駄な力みを生じさせたり、代償で違う箇所を使ったりして悪い結果を招くこともあります。見た目には大きな違いがない動きであるだけに「正しい」かたちを指導するには知識が必要なのです。
本作ではBCTの「正しい」ポイントを、豊富な種目とともに解説しています。体幹がきちんと機能し始めると、練習の習熟度に違いを感じるはず。従来のトレーニングや補強の常識が覆る、日体大躍進の秘密をぜひご覧ください!

臥位での「BCT」と概論
寝た姿勢である「臥位」の種目を紹介します。基本となる“ドローイン”を皮切りに、横向き~うつ伏せ~下向き~四つん這いと流れるように、決められた順番に沿ってエクササイズを行っていきます。すべての種目を「腹圧をキープしたまま体のブレを止める」ということがポイントです。
■イントロダクション

投擲

投擲種目のためのオフ・シーズントレーニング ~動きづくりを意識した冬期練習法~ 【第1巻】

巻タイトル : 解説

指導 : 小林 隆雄(東京高等学校陸上競技部顧問)実技協力 : 東京高等学校陸上競技部

詳細

「実戦陸上競技冬期トレーニングシリーズ」第二弾!!
今回は、投擲種目のための冬期トレーニングにスポットを当てました。来るべくシーズンで大きな成果を上げるためには、オフシーズンできちんとしたトレーニングを行うことが重要になります。しかし、間違った取り組み方や練習法で行っていけば、選手は大きなレベルアップが出来なくなってしまうばかりか、場合によっては怪我を招きシーズンを棒に振ってしまいかねません。
本作では、冬期トレーニングの考え方から投擲種目全般のウォーミングアップ、そして専門種目においては動きづくりを意識した練習法も紹介、冬場にどのような動きづくりを行うかとても参考になるでしょう。また、最後に実際の選手のトレーニングに対する目標の立て方や実際のトレーニングの内容、そして目標であるインターハイでどのような結果につながったのか、興味深い資料をご紹介します。投擲種目ばかりか陸上競技全般の指導者にとって「知りたい!」情報が一杯入っているシリーズです。ぜひ質の高い冬期トレーニングをこなすための参考にご覧ください!

実戦ウォーミングアップ集
様々な環境や、使える器具、施設を有効に活用して、狭いエリアで、しかも短い時間で効果的に身体を温められる各種アップを中心に紹介していきます。
■解説
◎冬期トレーニングとは
◎冬期トレーニングを始める前に
◎冬期トレーニングの流れ
◎注意事項

跳躍

跳躍系種目のための冬期トレーニング集~太成学院高校に見る実戦的冬期トレーニング~ 【第1巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 坂井 裕司(大阪府・太成学院大学高等学校陸上競技部監督)実技協力 : 太成学院大学高等学校陸上競技部

詳細

今回のシリーズは「実戦陸上競技冬期トレーニングシリーズ」の第一弾として、跳躍系種目に特化してそのトレーニングをご紹介したものです。
陸上競技は11月のトラックシーズンが終わると、いわゆる冬場の鍛錬期になります。しかしながらこの時期のトレーニングも思ったより整理されていなく、走跳投どの種目においても同じようなトレーニングを行っているところが多く見受けられるようです。
今回のシリーズでは、それぞれの種目の専門性を踏まえた「これをきちんとやれば絶対に効く!」トレーニングをご紹介します。この時期のトレーニングは、一つ一つマックスで行うことが重要です。その積み重ねで年が明け2~3月のシーズンインの頃に驚くほど力がついてくるのが目に見えるほどでしょう。
ぜひ、これらのトレーニングを強化に活かしてください!

トレーニングを行っていく上で大事なことは、それぞれの動きのポイントを理解することです。またトレーニングと言っても補強種目ばかりではなく動きの中で跳躍技術練習も取り入れます。そのことにより冬があけシーズンインの頃には生まれ変われます!

■イントロダクション

短距離

スプリント系種目を伸ばす冬期トレーニング 【第1巻】

巻タイトル : スプリント系各種目向上のコンセプト

指導 : 吉田 浩之(赤湯中学校陸上競技部監督)実技協力 : 赤湯中学校陸上競技部

詳細

陸上競技には幾つかの種目がありますが、スプリント力が特に大きく関わる種目として、100m~800m走、ハードル走、跳躍などの種目が挙げられます。このビデオではスプリント系各種目(100m~800m走、ハードル走、跳躍)で必要になる“筋力”と“スプリント力”の向上を目的とした冬期間のトレーニング方法を紹介します。11月から3月を冬期間のトレーニング時期と位置づけ、次年度へ向けて活躍できる選手を育成する冬期トレーニング全体を網羅した画期的DVDです!冬期トレーニングで筋力とスプリント力を充実させることによって、競技会時期(7月下旬)に成果が表れ、ライバルに大きく差をつけることができます。スプリント系各種目を伸ばすための冬期トレーニングの数々を多角的に分析し、選手のレベルや競技種目に合わせた詳細な練習メニューを満載しています。夏に差が出る、冬期に着目した年間トレーニング計画です。

全種目

全種目の競技力を伸ばす!トレーニング集~東京高校陸上競技部の強さに迫る~ 【第1巻】

巻タイトル : 抵抗トレーニング

指導 : 大村 邦英(東京高等学校陸上競技部監督)実技協力 : 東京高等学校陸上競技部

詳細

東京高校陸上競技部は全国の大会で多くの選手が結果を残してきました。中には元々平凡な記録しか出せなかった選手も含まれています。 このDVDは、大村監督がアメリカで学び身につけた貴重なトレーニングを紹介し、その内容こそが東京高校の強さの基盤となっているのです。 様々な器具を使ったトレーニングが中心になりますが、補強・ウェイトトレーニングを中心に行うものではなく、あくまで練習の中心として位置づけて行っているものです。
主な狙いは体幹強化・バネのある筋肉づくりで、走のフォーム・跳躍動作・投擲動作など、様々な種目の動作を取り入れながら行うことで、しなやかな身のこなしを無理なく習得します。
しかも広い場所、時間を必要とせず、多くの選手が同時に取り組めるので、効率的な強化を期待できます。
このトレーニング集を、チームの総合力アップに是非お役立てください!

●抵抗トレーニング
*関節の可動域を広げ、主運動に備える
 ・つま先
 ・足首
 ・股関節
 ・脚(前後)
 ・脚(横)
 ・股関節後方
 ・レッグカール
 ・肩関節

東大阪大敬愛流・サーキットトレーニング~走・跳・投の基礎体力を強化する~ 【第1巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 柿内貞宣(東大阪大学敬愛高等学校陸上競技部監督)実技協力 : 東大阪大学陸上競技部

詳細

近年、圧倒的な力を誇り、多くの金字塔を打ち立てた東大阪大敬愛高校。その代名詞でもある『サーキットトレーニング』のDVDがついに登場です!敬愛のサーキットは単なる補強運動ではありません。陸上選手としての基礎能力をつくり、より高いレベルの技術練習をするために最も重要な練習として行われています。「スポーツ、とりわけ陸上競技では、まず体力と筋力がより必要で、それを高めれば、徐々に見合った技術が身についてくると考えています」とは柿内監督。選手の可能性をつぶさないよう、あまり専門種目に偏ったトレーニングを行わないのも同校の特徴です。 また、『習うより慣れろ』もモットーのひとつ。説明したり考えさせたりしても、なかなか動きに結び付かなったものが、根気よく続けていくと自然に身についてきます。1つの種目や運動だけでなく、あらゆる部位をバランスよく複数の種目で鍛えるサーキットを行うことによって、正確でなかった動きが、徐々に正確にできるようになってくるのです。速く、高く、遠くへ。すべての能力につながるトレーニングが、ここにあります!

■イントロダクション

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.