スタンダード理学療法

JLCオンデマンドでは、新人理学療法士を対象としたオンデマンド研修プログラム 『スタンダード理学療法』の提供を開始いたします。
新人PTが臨床で避けては通れない頻出の疾患を絞り込み、それぞれ各分野のエキスパートが解説します。その中には、 臨床における評価プランニング能力や対人コミュニケーション能力、歩行分析能力を向上させる研修プログラムも含まれます。
配信ペース:月1プログラム/年間10プログラム ※ライブラリー形式

サービス概要はこちら

監修:福井 勉 氏
文京学院大学保健医療技術学部 学部長・理学療法学科教授/文京学院大学保健科学研究科教授/文京学院大学スポーツ マネジメント研究所所長/昭和大学保健医療学部客員教授/専門理学療法士(運動器理学療法,基礎理学療法) 昭和大学藤が丘病院、東京都立医療技術短期大学、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院主任、昭和大学医療短期大学 助教授、昭和大学保健医療技術学部助教授を経て現在に至る。 著書・論文多数。 医学博士(整形外科学)

変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術後の理学療法

山田 英司 氏 回生病院 関節外科センター附属理学療法部 部長 公開日:6月3日 »

変形性股関節症に対する人工股関節置換術後の理学療法

湯田 健二 氏 海老名総合病院 医療技術部 リハビリテーション科 科長 公開日:7月1日 »

肩関節の術後の理学療法~腱板断裂/反復性肩関節脱臼~

村木 孝行 氏 東北大学病院 リハビリテーション部 公開日:8月5日 »

理学療法臨床評価プランニング

中山 恭秀 氏 東京慈恵会医科大学附属第三病院 技師長 公開日:9月2日 »

脳血管障害に対する理学療法 ①【概論】

斎藤 智雄 氏 甲府城南病院 リハビリテーション部 理学療法科 科長 公開日:10月7日 »

脳血管障害に対する理学療法 ②【急性期理学療法】~発症直後からベッド上での介入~

斎藤 智雄 氏 甲府城南病院 リハビリテーション部 理学療法科 科長 公開日:11月4日 »

脳血管障害に対する理学療法 ③【回復期理学療法】~生活と活動へ向けての評価・治療介入~

斎藤 智雄 氏 甲府城南病院 リハビリテーション部 理学療法科 科長 公開日:12月2日 »

脳血管障害に対する理学療法 ④【慢性期理学療法】~慢性期症例の特徴に対する評価・治療介入~

斎藤 智雄 氏 甲府城南病院 リハビリテーション部 理学療法科 科長 公開日:1月6日 »

基本的臨床技能としてのコミュニケーション~メタ認知能力向上を目指して~

山口 美和 氏 バリアフリー倶楽部 代表 公開日:2月3日 »

臨床における歩行分析~基本的な診方からその対策まで~

岩永 竜也 氏 松戸整形外科病院 リハビリテーションセンター 公開日:3月3日 »

変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術後の理学療法
山田 英司 氏

総論8分26秒

変形性膝関節症とは23分13秒

機能解剖と運動学22分08秒

人工関節置換術とは8分42秒

病期ごとの理学療法評価と治療~術前理学療法①講義20分02秒

病期ごとの理学療法評価と治療~術前理学療法②実技18分35秒

病期ごとの理学療法評価と治療~第一期①講義25分41秒

病期ごとの理学療法評価と治療~第一期②実技26分05秒

病期ごとの理学療法評価と治療~第二期①講義14分39秒

病期ごとの理学療法評価と治療~第二期②実技43分30秒

病期ごとの理学療法評価と治療~第三期①講義31分58秒

病期ごとの理学療法評価と治療~第三期②実技24分35秒

予後について10分52秒

変形性股関節症に対する人工股関節置換術後の理学療法
湯田 健二 氏

総論14分52秒

変形性股関節症について9分30秒

術前評価とオリエンテーション27分57秒

手術進入と人工関節基本構造7分31秒

術後理学療法の実際~術当日・翌日の評価10分42秒

術後理学療法の実際~術翌日から4日目の評価と介入23分30秒

術後理学療法の実際~術後4日から1週の評価と介入15分36秒

術後理学療法の実際~術後2週から3週以降の評価と介入17分53秒

肩関節の術後の理学療法~腱板断裂/肩関節不安定症~
村木 孝行 氏

機能解剖と運動学~肩関節運動の定義6分32秒

機能解剖と運動学~肩甲上腕関節26分37秒

機能解剖と運動学~肩甲胸郭関節/二関節筋19分3秒

腱板断裂~基本16分19秒

腱板断裂~術後リハの注意点14分7秒

腱板断裂~装具、衣服の着脱12分35秒

腱板断裂~可動域運動28分41秒

腱板断裂~患部外運動14分31秒

腱板断裂~自動運動20分57秒

腱板断裂~抵抗運動7分12秒

肩関節不安定症~基本24分21秒

肩関節不安定症~術後リハの基本/他動運動16分41秒

肩関節不安定症~自動、抵抗運動・求心性、遠心性運動13分33秒

肩関節不安定症~肩甲骨運動13分47秒

肩関節不安定症~CKC運動/プライオメトリック運動13分31秒

理学療法臨床評価プランニング
中山 恭秀 氏

はじめに4分00秒

第1章・リハビリテーションと理学療法
~導入~
13分53秒

第1章・リハビリテーションと理学療法
①障害モデル(構造)と理学療法
25分34秒

第1章・リハビリテーションと理学療法
②-1 理学療法における評価の位置づけ「能力障害」
18分24秒

第1章・リハビリテーションと理学療法
②-2 理学療法における評価の位置づけ「検査・指標」
27分28秒

第2章・理学療法における基本評価
~導入~
7分19秒

第2章・理学療法における基本評価
①-1 ヒトの機能・構造「バイタルサインと検査データ」
17分07秒

第2章・理学療法における基本評価
①-2 ヒトの機能・構造「形態測定/関節可動域測定」
11分37秒

第2章・理学療法における基本評価
①-3 ヒトの機能・構造「筋力検査」
22分34秒

第2章・理学療法における基本評価
①-4 ヒトの機能・構造「感覚と痛みの検査/中枢神経系異常に関する検査」
18分40秒

第2章・理学療法における基本評価
②-1 生活する為に必要な活動「動作・姿勢」
14分55秒

第2章・理学療法における基本評価
②-2 生活する為に必要な活動「歩行分析」
10分05秒

第2章・理学療法における基本評価
②-3 生活する為に必要な活動「バランスの評価」
21分55秒

第3章・生活・環境に関する諸評価26分06秒

第4章・疾患特異的評価指標23分34秒

第5章・障害モデル・理学療法関連評価を用いた論理的思考
「臨床における評価プランニング」
10分01秒

第5章・障害モデル・理学療法関連評価を用いた論理的思考
①基本的な疾患でみる評価プランニングの例
28分19秒

第5章・障害モデル・理学療法関連評価を用いた論理的思考
②-1 介入に継げる論理的解釈例「股関節外転筋力の評価と異常歩行の関係」
11分18秒

第5章・障害モデル・理学療法関連評価を用いた論理的思考
②-2 介入に継げる論理的解釈例「歩行補助具の選択」
33分27秒

統合と解釈のポイント7分30秒

脳血管障害に対する理学療法 ①【概論】
斎藤 智雄 氏

脳血管障害の病態18分11秒

対象者から何を学ぶか33分38秒

中枢神経疾患に対する治療12分24秒

姿勢コントロール10分35秒

立位・歩行について21分18秒

運動学習(評価・介入時のポイント)20分24秒

評価と治療の場面紹介8分47秒

評価と治療の実際・初日30分29秒

評価と治療の実際・三日日28分32秒

最後に1分56秒

脳血管障害に対する理学療法 ②【急性期理学療法】~発症直後からベッド上での介入~
斎藤 智雄 氏

急性期の理学療法15分27

実技①「臥位の特徴とポジショニング」19分25秒

実技②「寝返り動作の評価と治療」13分48秒

実技③④「起き上がり動作の評価と治療」9分23秒

実技⑤「坐位の評価と治療」7分30秒

実技⑥⑦「立ち上がり・立位の評価と治療」8分13秒

実技⑧「移乗動作の評価と治療」9分37秒

実技⑨「歩行の評価と治療」11分48秒

急性期の評価と治療の実際14分38秒

脳血管障害に対する理学療法 ③【回復期理学療法】~生活と活動へ向けての評価・治療介入~
斎藤 智雄 氏

概要2分40秒

実技①「寝返り動作の評価と治療」16分16秒

実技②「起き上がり動作の評価と治療」10分25秒

実技③「坐位バランスの評価と治療」13分35秒

実技④「立ち上がり動作の評価と治療」10分7秒

実技⑤「立位バランスの評価と治療」7分1秒

実技⑥「歩行の評価と治療」4分33秒

回復期の評価と治療の実際11分37秒

脳血管障害に対する理学療法 ④【慢性期理学療法】~慢性期症例の特徴に対する評価・治療介入~
斎藤 智雄 氏

概要7分32秒

実技①「寝返り・起き上がり動作(準備的介入)」9分18秒

実技②「寝返り・起き上がり動作の評価と治療」5分25秒

実技③「移乗動作の評価と治療」7分42秒

まとめ1分30秒

基本的臨床技能としてのコミュニケーション~メタ認知能力向上を目指して~
山口 美和 氏

第一回 社会人としての基本編①「メタ認知能力」10分11秒

第一回 社会人としての基本編②「挨拶のしかた」13分01秒

第一回 社会人としての基本編③「名刺交換のしかた」4分25秒

第一回 社会人としての基本編④「敬語表現」11分11秒

第一回 社会人としての基本編⑤「電話応対のしかた」35分52秒

第二回 自分自身とのコミュニケーション①「自己内対話」13分07秒

第二回 自分自身とのコミュニケーション②「人生態度」9分32秒

第二回 自分自身とのコミュニケーション③「ディスカウント」4分56秒

第二回 自分自身とのコミュニケーション④「感情のコントロール」10分37秒

第二回 自分自身とのコミュニケーション⑤「メンタルヘルス対策」11分22秒

第三回 他者とのコミュニケーション①「コミュニケーションの基礎」15分26秒

第三回 他者とのコミュニケーション②「コミュニケーション力を向上させるために」8分53秒

第三回 他者とのコミュニケーション③「自分を知らせるコミュニケーション」8分57秒

第三回 他者とのコミュニケーション④ 「アイメッセージ」12分31秒

第三回 他者とのコミュニケーション⑤ 「怒りのコントロール」14分47秒

第四回 職員間のコミュニケーション① 「チームアプローチとコミュニケーション」16分52秒

第四回 職員間のコミュニケーション② 「困ったコミュニケーション」6分20秒

第四回 職員間のコミュニケーション③ 「アサーティブネス」36分38秒

第五回 患者・家族とのコミュニケーション①「実例から学ぼう」15分59秒

第五回 患者・家族とのコミュニケーション②「医療者マインド」4分3秒

第五回 患者・家族とのコミュニケーション③「心の姿勢を整える」5分3秒

第五回 患者・家族とのコミュニケーション④「傾聴」27分49秒

第五回 患者・家族とのコミュニケーション⑤「まとめ」14分04秒

臨床における歩行分析~基本的な診方からその対策まで~
岩永 竜也 氏

歩行の概要と臨床的意義41分25秒

歩行を診るポイント40分41秒

各疾患の歩行と考え方①(足部・下腿・膝)49分14秒

各疾患の歩行と考え方②(股関節・腰部)20分21秒

歩行を足からコントロールする43分00秒

pagetop