people

Web上でPTセミナーの講義が聴ける PTセミナーアーカイブスでは、第一線で活躍する選りすぐりの 講師陣によるセミナー映像を配信しております。

school

多彩な内容でスキルアップに役立つコンテンツ 身体機能の回復に必要な知識、施術ノウハウ、セラピストと しての心構えなど、全国各地、様々なテーマで開催された セミナーの様子をお届けします。

language

セミナー会場が遠い方でも最新の知識と技術が学べる 幅広い知識を習得しスキルアップを目指されている方、 遠方でなかなかセミナーに参加できない方に向けて、 臨床の現場で使える知識と技術を配信していきます。

playlist_add

続々、新たなコンテンツを撮影予定 PTセミナーアーカイブスでは、今後もジャパンライム主催の セミナーを中心にPT向けセミナーの映像を追加していきます。

呼吸器を運動器として捉えた理学療法
胸郭運動システムの再建法 -Advanced Course-

講師 : 柿崎 藤泰(文京学院大学 保健医療技術学部理学療法学科 教授/医学博士/理学療法士)

胸郭には、体幹の安定に関与する筋が多く付着しており、肋骨の偏位によってそれらの筋が機能低下すると、 体幹は不安定になり、身体運動の調和が乱れます。
つまり、体幹機能を再建する上で、胸郭の機能評価は非常に重要であり、呼吸器を運動器として捉えた理学療法の展開は、 体幹機能の再建築に良好に作用するものと考えられます。

今回の研修会は、「胸郭運動システムの再建法」のコンセプトを深く知り、臨床応用することをテーマにしています。
①胸郭の運動を理解する、②胸郭を評価し、存在する病態を把握する、③胸郭からの介入で、 体幹、上肢、下肢に波及する動きを評価・治療する、ことができるように、デモンストレーションを中心に徹底講義します。

※この映像は、2016年11月に2日間に渡って開催したEMERGENCE CARE 910研修会を収録したものです。

公開予定
2017/03/17

■Basic Courseの復習(22:48)
◎胸郭運動システムとは
◎胸郭運動システムの再建でのポイント
◎胸郭運動システムの異常
◎胸郭運動の特徴
◎胸郭運動システムの基礎

公開予定
2017/03/17

■Advanced Course 概要(8:04)

公開予定
2017/03/17

■上位胸郭形状と頚椎運動の関係(下位頚椎との運動連鎖)(43:18)

公開予定
2017/03/17

■上位胸郭形状と肩甲胸郭関節面の関係(Scapula Alignment)(90:00)

公開予定
2017/03/17

■下位胸郭の内方および後方回旋化(Wrapping action)(56:36)

公開予定
2017/03/17

■浮遊肋の運動関与(Forward Rotation and Backward Rotation)(38:38)

公開予定
2017/03/17

■足部と胸郭の関係(胸郭の病態運動が足部に及ぼす影響)(18:50)