東京大学大学院人文科学研究科修士課程、教育学研究科博士課程および米国スタンフォード大学博士課程を経て、長年東京学芸大学で勤められた金谷先生。 現在は、フリーの英語教育コンサルタントとして、学校、都道府県その他の機関に対してサポートを行っておられます。 そんな金谷先生が、毎回ゲストをお招きし、英語教育の様々なトピックについてじっくり語るシリーズです。 今までの、そしてこれからの英語教育についてゲストと共に奥深くまで掘り下げます!

東京大学大学院人文科学研究科修士課程、教育学研究科博士課程および米国スタンフォード大学博士課程を経て、長年東京学芸大学で勤められた金谷先生。 現在は、フリーの英語教育コンサルタントとして、学校、都道府県その他の機関に対してサポートを行っておられます。 そんな金谷先生が、毎回ゲストをお招きし、英語教育の様々なトピックについてじっくり語るシリーズです。 今までの、そしてこれからの英語教育についてゲストと共に奥深くまで掘り下げます!

第1回 中学英語 いつ卒業?

ゲスト:羽山恵(獨協大学)

中学を卒業して高校へ進学しても、中学英語を卒業出来ているかどうかは分からないというのが現状です。
中学英語で習う最初の基礎・基本は語順と思われがちですが、それ以前に名詞句を理解していなければ、英語のレベルが上がれば上がるほどついていけなくなってしまう傾向があります。 基礎の段階で意味をしっかり理解し、高校英語へと繋げることが出来るよう、お二人がこれまで取り組んできたことをお話しして頂きます。

中学生の英語理解力
~名詞句の重要性~ 1

2018/12/9 配信

18分25秒

・名詞句の重要性
・Billy’s Testとは

中学生の英語理解力
~名詞句の重要性~ 2

2018/12/9 配信

20分09秒

・Billy’s Testで分かる中学生の名詞句理解力

中学生の英語理解力
~名詞句の重要性~ 3

2018/12/9 配信

16分32秒

・Billy’s Testから見えてくる苦手分野
・Advanced Billy’s Testとは

中学生の英語理解力
~名詞句の重要性~ 4

2018/12/9 配信

19分48秒

・高校生の名詞句把握レベル
・Billy’s Testをどのように活用していくか

中学生の英語理解力
~名詞句の重要性~ 5

2018/12/9 配信

23分48秒

・今後の課題とそれに対する解決策

第2回 直して直る?~英作文添削~

ゲスト:白畑 知彦(静岡大学)

生徒たちが誤った英文を書くということは直るものなのか直らないものなのかを入り口にし、 英語教育で教師が指導する・説明する・訂正するというような働きかけがどれくらい生徒たちの英語力を向上させるのか、 直接的・間接的に影響するのかという内容をゲストと共に語り合って頂きます。

英語指導における効果的な誤り指導 1

2019/1/15 配信

24分27秒

・本を書こうと思ったきっかけ・概要 ・Writing Feedback

英語指導における効果的な誤り指導 2

2019/1/15 配信

19分04秒

・明示的文法指導、誤り訂正が効果的である文法項目の特徴
・相違を教えるべき項目<自動詞/他動詞・関係代名詞説・分詞>
・求める授業の進め方、指導の仕方

英語指導における効果的な誤り指導 3

2019/1/15 配信

16分22秒

・相違を教えるべき項目<守護と話題の相違>
・小中高の連携指導

英語指導における効果的な誤り指導 4

2019/1/15 配信

25分24秒

・相違を教えるべき項目<受動態>
・意味を重視した英語表現
・文法や活動など、どのようなバランスで指導するべきか
・復習の大切さ
・教師のあるべき姿

第3回 読めないテキストからは学べない

ゲスト:根岸 雅史(東京外国語大学大学院)/大田 悦子(東洋大学)

現在、中学・高校の英語教材のギャップの大きさが問題視されております。
今回は、そのギャップがどれくらいあるのか、また今後その差を埋めていく為にはどのようにしたらいいのかを、お二人のゲストと共に語り合って頂きます。

日本の英語教材の現在とこれから 1

2019/2/12 配信

27分35秒

・Lexile Measureとは
・日本の英語教材に関して
・日本の高校生レベルと教科書レベル
・英語の授業で教師に起きていること

日本の英語教材の現在とこれから 2

2019/2/12 配信

17分20秒

・Lexile Measureのテスト結果と比較
・中高教科書比較

日本の英語教材の現在とこれから 3

2019/2/12 配信

17分32秒

・教科書のレベルを開示しないのか
・中高の教科書レベルのギャップ

日本の英語教材の現在とこれから 4

2019/2/12 配信

17分54秒

・現代の課題に対する提案

日本の英語教材の現在とこれから 5

2019/2/12 配信

23分43秒

・Teacher training
・これからの教材に求められるもの

第4回 中学英文法で大学英語入試は8割解ける!~入試対策は出来ている?~

ゲスト:片山七三雄(東京理科大学)

入試のシステムが変わるかもしれないということで、最近話題として取り上げられることが増えた大学入試。
昔から『入試があるから高校の英語教育は変わらない』と言われることもあったそうですが、果たしてそれは本当なのかどうか。
今までの入試の傾向と今後どのように変化していくのかを、大学入試に詳しい片山先生をお迎えし解説して頂きます。

研究によるデータから読み取る大学入試の実際

2019/3/11 配信

23分37秒

・『中学英文法で大学英語入試は8割解ける!』の紹介
・『教科書だけで大学入試は突破できる!』の紹介
・『英語頻出問題の分析と解法』の紹介

大学入試に必要なこと①

2019/3/11 配信

26分58秒

・変化する大学入試
・中学・高校の英語教育
・現在の大学入試
・教師の在り方、授業の組み立て方

大学入試に必要なこと②

2019/3/11 配信

16分22秒

・指導方法の例
・学校英文法の位置付け
・基礎を固める大切さ

第5回 高校生は中学英語を使いこなせるか?

ゲスト:鈴木裕一(神奈川大学)/大田 悦子(東洋大学)/臼倉美里(東京学芸大学)

今回の対談では、Sherpa(シェルパ:Senior High English Reform Project ALC)のメンバーを3名お迎えし、そのメンバーと行ってきた調査を元に、中学校で習った英語を高校生がどれくらい使いこなしているのかを解説して頂きます。

Sherpaとは/研究結果発表1

2019/4/8 配信

27分36秒

・Sherpaとは
・『高校生は中学英語を使いこなせるか?』の紹介
・研究結果発表(概要/①速読/②Listening)

研究結果発表2

2019/4/8 配信

22分06秒

・研究結果発表(③Dictation/④和文英訳)

研究結果発表3

2019/4/8 配信

14分18秒

・研究結果発表(⑤Picture Description)

中学英語の定着1

2019/4/8 配信

23分55秒

・高校生は中学英語を使いこなせているか

中学英語の定着2

2019/4/8 配信

27分08秒

・定着のための工夫 実践事例
・使いこなす為の提案
・まとめ

第6回 ラウンド・システム大集合

ゲスト:横浜南高校附属中学校/熊谷市各校/高知県立中村中学校

ラウンド・システムとは、第二言語習得理論等を参考に、多くの英語を聞かせ、何度も言語材料に触れさせること(スパイラルな学習)を重視し、教科書を1年間で4~5回繰り返して使い言語材料の定着を図ることを狙い考え出されたカリキュラムです。今回はいつもの対談形式とは違った形式で、全国でラウンド・システムに取り組まれている先生方に集まって頂き、現状の報告や成功例・失敗例などの意見交換の場をご用意しました。日頃の悩み解決に繋がる情報が盛りだくさんです!!

ラウンド・システムの取り組み(横浜の場合)

2019/5/13 配信

27分58秒

・ラウンド・システムとは何か
・横浜の取り組みと現状

ラウンド・システムの取り組み(熊谷の場合)

2019/5/13 配信

20分48秒

・熊谷の取り組みと現状

Discussion1

2019/5/13 配信

19分05秒

・横浜/熊谷の発表に関して
・スモールトークについて
・家庭学習について

Discussion2

2019/5/13 配信

22分13秒

・私立学校での取り組み
・中高一貫の場合

Discussion3

2019/5/13 配信

24分05秒

・中高の連携
・小中一貫の例
・まとめ

第7回 大学入試改革のこれから

ゲスト:根岸 雅史(東京外国語大学大学院)

様々な施策がされてきた大学入試ですが、未だに百年間大きな変化はなされませんでした。しかし、2020年度からは、大学入学共通テストというセンター試験の後継も始まります。それにつられて大学入試はどのように変化していくのかを語り合って頂きます。

英語の大学入試改革1

2019/6/17 配信

22分9秒

・入試英語、具体的に何が変わるのか
・国レベルの改革
・個別入試レベルの改革

英語の大学入試改革2

2019/6/17 配信

24分04秒

・大学入試において認定試験がどのように反映されるのか
・大学入試におけるBCT-S (British Council TUFS-Speaking Test for Japanese Universities)の広がり

英語の大学入試改革3

2019/6/17 配信

23分32秒

・大学入試、学部別の4技能の運用
・四技能のうちどれに重きを置くのか

英語の大学入試改革4

2019/6/17 配信

16分26秒

・筆記とリスニング、難易度のバランス

第8回 遅すぎる?日本の速読

ゲスト:中野 達也 (駒沢女子大学)

英文を読む速さの指標に「総語数÷60/時間(秒)×正解率」で割り出すWPM(words per minute)というものがあります。一番遅いネイティブの方が200wpmなのに対して、日本の高校生の平均値は75wpmで、かなり低い値です。どうしたら読む速度は上がるのか、今後どのような教育をしていけばいいのかを語り合って頂きます。

wpmはどうやったら上がるのか1

2019/7/16 配信

24分56秒

・高校生の速読力
・wpmを上げるには?

wpmはどうやったら上がるのか2

2019/7/16 配信

24分57秒

・速読に対応する教師と教材
・語彙力と速読

wpmはどうやったら上がるのか3

2019/7/16 配信

19分24秒

・日本の英語教育での速読は速読といえるのか?
・解読から読解、読解から速読へ変えるには