カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
中高連携を意識した英語授業づくり~困難校でも進学校でも役立つ中高接続の視点~ 6巻
高校生のための音声づくりから発表まで
5つの柱の主な実践《drama》 【3/7】
5つの柱の主な実践《drama》

動画を購入する

学習指導要領の改訂による小学校英語教科化を受け、中学校での変化、難化による高校への接続が今まで以上に重要視されてきています。
中学校での受け入れもさることながら、さらに拡がるであろう高校での英語格差に対する準備が今から必要になってくると思われます。
今回は、長年神奈川県立高等学校で教鞭をとってこられた萩原一郎先生に『中高の連携』という大きなテーマで、主に高等学校で中学生を受け入れる準備や、生徒のつまづきにどのように対応していけばよいか等、ご自身の経験も踏まえながら動画配信専用の企画として大いに語っていただきました!

スピーキングテストの実施状況は中学三年生ではほとんどの学校が行っていますが、高校一年生になると約半数まで減っています。それはつまり、中学校では日常的になってきた授業での音声指導や発表活動が高校ではあまり実施されていないという事の裏付けでもあります。
そこで今回は高校での音声指導や発表活動を活発にしていくにはどのような事が考えられるか萩原先生の実践を元に語っていただきました。

●5つの柱の主な実践《drama》
・《drama》感情を込めた表現技法を通じて、声を出す楽しさを味わう
・英語劇の取り組み
・実際の演劇映像

■指導者:萩原 一郎(都留文科大学教授)
■発売日:2019年11月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.