カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
技術の土台をつくる!柔道選手のためのトレーニング~短時間で効率よく、ケガを防ぐためのドリルと考え方~ 2巻
専門的筋力トレーニング
【専門的筋力トレーニング(2)モビリティコアトレーニング】■バード 【3/15】
【専門的筋力トレーニング(2)モビリティコアトレーニング】■バード

動画を購入する

現代のスポーツでは、体力(フィジカル)よりも技術(テクニック)が重視される傾向にあります。
これは柔道も例外ではなく、多くの現場で勝利に結びつきやすいテクニック指導に偏ってしまっています。
ところが、その影響から体力(身体能力)は低下傾向にあり「体力がない→高いレベルの練習ができない→理想の技術習得ができない」という、皮肉なサイクルを生んでしまっているのです。
そこでこの作品では、短時間で効率よくトレーニングをするためのドリルと、その考え方について紹介します。
ここでは、柔道選手が身につけるべき“基礎体力”と“動き”について解説しています。ひとくちにトレーニングといっても単に筋肉を鍛え、力をつけたり体を大きくしたりすればいいわけではありません。一度はやったことがあるような種目でも、きちんとポイントを押さえなければ効果はありません。筋肉を鍛えるだけではなく、同時に動きにつなげなくては競技に生きてきません。これまで柔道界にはなかったような、新しい視点が、この作品から見えてくるはずです。
指導は急がば回れ。しっかりとした土台があってこそ、テクニックは身についていきます。選手の未来をつくる、そんな指導を目指していきましょう!

2巻目はより「使える体」を目指します。スピード、アジリティ、モビリティといった、これまでの柔道界ではあまり言及されてこなかった能力をトレーニングします。こうした要素はなるべく早い時期にトレーニングするべきだといわれています。10代の選手たちにとって重要なポイントを押さえておきましょう。

【専門的筋力トレーニング(2) モビリティコアトレーニング】
■バード

■指導者:角田 誠(中庸塾柔道スポーツ少年団 代表/八戸歯科衛生士専門学校)
■実技:福島県/中庸塾柔道スポーツ少年団
■発売日:2014年6月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.