カテゴリー

動画検索

ゲストさん、こんにちは
学校柔道「初期指導のすべて」~2年半後、初心者が経験者と互角に渡り合うために~ 1巻
立ち技の指導(2)と抑え技
イントロダクション 【1/7】
イントロダクション

動画を購入する

学校の柔道部にはいろいろな選手が入部してきます。
町道場に通っていた選手もいれば、当然中学校から柔道を始める初心者もいます。
なかにはテレビでも柔道の試合を見たことがない、友達の付添いで来たなんていう場合もあるでしょう。
しかし、せっかく道場の門を叩いた原石たちを、初心者だからといって無視してしまっては指導者失格です。

はじめは何もできないかもしれません。時間がかかるかもしれません。
それでも、ポイントをおさえて「きちんと」指導をしてあげれば、原石は輝き始めます。

この動画ではそんな「きちんと」という部分を、初心者指導というテーマに則って紹介していきます。

指導・解説をしてくれたのは練馬区立貫井中学校の髙橋健司先生。
全柔連の審判委員も務める同氏は、これまで公立の中学校で柔道指導を経験し、
多くの“初心者”たちを経験者に負けない選手に育ててきました。現在の貫井中の選手たちもおよそ3分の2が中学校からのスタート組。
卒業生のなかには強豪ひしめく東京でありながら、素人から始めて全国の舞台を踏んだ選手もいます。

内容としては各立ち技、抑え技の細かなポイントを解説しており、
初心者が陥りやすいポイントを知り尽くしている髙橋先生ならではの、指導動画に仕上がっています。

指導経験の少ない先生、柔道経験のない先生には特におススメ。
簡単そうで実は難しい、「基礎」を教えるということを学んでいただけるコンテンツです!

引き続き、立ち技の指導からスタートします。大外刈や大内刈といった足技の解説、そして応用編ということで技の連絡にまで触れています。その後の寝技も同様に、初心者が段階的に身につけるべき技術を紹介。
巻末の髙橋先生による「部活運営」インタビューも必見です。

■イントロダクション

■指導者:橋 健司(練馬区立貫井中学校柔道部顧問、全日本柔道連盟審判委員会委員、全日本柔道連盟中学校武道必修化対策チームメンバー)
■実技:練馬区立貫井中学校柔道部
■発売日:2014年2月

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.