JLCオンデマンド 【 バスケットボール 鷲野鋭久氏・攻防の基本を徹底する実戦ドリル集 】

鷲野鋭久氏・攻防の基本を徹底する実戦ドリル集

●原点回帰!春夏秋冬、徹底するならこの練習!!
●多忙な中学校現場で能率的・合理的に練習を徹底できる環境をいかに作れるか・・・そのヒントが満載!

JLCオンデマンドでは、『攻防の基本を徹底するバスケットボール実戦ドリル集』の配信がスタートいたしました!
本作では鷲野鋭久氏が、思い通りにボールを扱える正確な技術(クローズドスキル)と対人の状況で的確にプレーを選択できる判断力(オープンスキル)を高めるための厳選したドリルをご紹介しています!ジュニア期からの育成においては「良い練習」を「反復」して「習慣化」し、「徹底」していくことがさらなる上達へのKeyになります。ぜひ、日々の指導に、練習にお役立てください!!
また、今回『攻防の基本を徹底するバスケットボール実戦ドリル集』の配信に合わせて、JLCオンデマンドで配信中の鷲野氏のコーチング作品全4作をご紹介いたします。

会員登録ログイン攻防の基本を徹底するバスケットボール実戦ドリル集 ~ 藤浪中学校 ・ 鷲野監督の進化するファンダメンタル ~関連・連係・連動を目指す“あわせ”バスケットボール ~チームファンダメンタルPART2~“判断力”と“目的意識”をもったチームファンダメンタル ~目力・合理性の追求~“判断力”育成のためのファンダメンタルドリル スキルよりウィル~More will than skill~

攻防の基本を徹底するバスケットボール実戦ドリル集 ~ 藤浪中学校 ・ 鷲野監督の進化するファンダメンタル ~

攻防の基本を徹底するバスケットボール実戦ドリル集~藤浪中学校 ・ 鷲野監督の進化するファンダメンタル~ 【第1巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 鷲野 鋭久(愛知県津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、JBA U-15女子トップエンデバーコーチ)実技協力 : 藤浪中学校女子バスケットボール部(2013年度全国中学校バスケットボール大会優勝)

詳細

バスケットボールに限らず、どのスポーツにおいてもその練習方法は淘汰され、出尽くした感があります。
しかし、本当に「良い練習」というのは少し形が変わってもずっと長い期間残ってきているものです。そして「良い練習」というのは対人競技においては、常に相手との「攻防」の中で判断力を高めていく工夫が含まれているものでしょう。

良いバスケットボールをするためには、思い通りにボールを扱える正確な技術(クローズドスキル)と対人の状況で的確にプレーを選択できる判断力(オープンスキル)を高めていかなければなりません。そしてそれら二つのスキルを連続的に伸ばしていくことで「パーフェクトスキル」が身についてくるのです。

今回ご紹介するDVDは、まさに原点回帰!過去何年にもわたって行われてきた練習の中から「良い練習」にフォーカスし、厳選したドリルをご紹介します!
ジュニア期からの育成においては「良いもの」を「反復」して「習慣化」し、「徹底」していくことがさらなる上達へのKeyになります。ぜひ、日々の指導に、練習にお役立てください!!

チーム練習に入る前に各個人が準備をするために行うフリーアップ、最低限強化すべきドリルを各個人レベルで目的意識を持って行うことが大切です。そして「ボールをなくさない!」自信をつけるための球際ドリル。Key Wordは「ボールミート、ボールキャッチ、ボールムーブ、ボールポジション」、すべて意識して習慣化させていくことが大事です。

■イントロダクション

関連・連係・連動を目指す“あわせ”バスケットボール ~チームファンダメンタルPART2~

関連・連係・連動を目指す“あわせ”バスケットボール ~チームファンダメンタルPART2~ 【第1巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 鷲野 鋭久(藤浪中学校女子バスケットボール部監督、JBA U-15女子トップエンデバーコーチ)実技協力 : 藤浪中学校女子バスケットボール部

詳細

今回の動画は「判断力と目的意識をもったチームファンダメンタル」でご紹介した「あわせ」を、更に実戦的な動きを意識、加味して開発されたドリルを集約したものです。ポイントは“あわせ”という感覚を身につける…ということ。ジュニア期で大切な「人」とあわせるということ、そして「プレイ」としてのあわせを指導して、選手自身を成長させていきます。もう一つは「三人目の動き」の重要性です。ボールオフサイドの人の動きを重点的にドリル化しています。選手個々はもちろん、チーム全体としてもコミュニケーション力を高め、一歩上質のバスケットボールを追求してチームの完成度を高めていきましょう!
この巻では「人とあわせる」ということの重要性を身につけさせるためのドリルを紹介。図形のスペースを使って段階的に指導していきます。トライアングル~スクエア~ペンタゴン~ヘキサゴンと様々なスペースであわせを実戦的に展開します。

■イントロダクション

関連・連係・連動を目指す“あわせ”バスケットボール ~チームファンダメンタルPART2~ 【第2巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 鷲野 鋭久(藤浪中学校女子バスケットボール部監督、JBA U-15女子トップエンデバーコーチ)実技協力 : 藤浪中学校女子バスケットボール部

詳細

今回の動画は「判断力と目的意識をもったチームファンダメンタル」でご紹介した「あわせ」を、更に実戦的な動きを意識、加味して開発されたドリルを集約したものです。ポイントは“あわせ”という感覚を身につける…ということ。ジュニア期で大切な「人」とあわせるということ、そして「プレイ」としてのあわせを指導して、選手自身を成長させていきます。もう一つは「三人目の動き」の重要性です。ボールオフサイドの人の動きを重点的にドリル化しています。選手個々はもちろん、チーム全体としてもコミュニケーション力を高め、一歩上質のバスケットボールを追求してチームの完成度を高めていきましょう!
この巻ではディフェンスの守りづらいところ(視野のなくなるところ~裏)を突く感覚を身につけさせるドリルをふんだんに紹介。ボールオフサイド側の3人目の動きがより重要になります。

■イントロダクション

“判断力”と“目的意識”をもったチームファンダメンタル ~目力・合理性の追求~

“判断力”と“目的意識”をもったチームファンダメンタル ~目力・合理性の追求~ 【第1巻】

巻タイトル : イントロダクション

指導 : 鷲野 鋭久(愛知県・津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、JBA U-15女子トップエンデバーコーチ)実技協力 : 藤浪中学校女子バスケットボール部

詳細

前回の【判断力育成のためのファンダメンタルドリル】において「視野を伴ったファンダメンタルを獲得しよう!」というコンセプトで多くのドリルを紹介しましたが、今回のシリーズではその獲得したファンダメンタルをいかにチームの力に変えていくか・・・という観点で作られたものです。
チーム力を高めるためには様々な「あわせ」が必要になります。プレイとしての「あわせ」や人としての「あわせ」です。今回のシリーズではまさに「人とあわせるための感性を養う合理的なドリル」が数多く紹介されています。
チームとして完成度を高めるためには、あらゆる事態に遭遇してもパニックにならない自信を持ち、創造力豊かなクリエイティブな選手が育っていることが必要です。前回のシリーズに併せてこのシリーズをご覧いただけば、15歳前後のプレーヤー育成のための指導エッセンスを確認~身につけることができます。ぜひ、日々の指導にお役立てください!
一巻目では発達段階における一貫指導の全体とクリエイティブな選手を育成していくにはどういうことが必要かといった指導の考え方をまとめました。
またファンダメンタルを獲得するために必要なデイリードリルを紹介。視野の確保が一番の目標です。ボールを無くさないという自信をつけ、視野を広げることで球際にも強くなれるドリルを紹介します。

■イントロダクション
・発育発達における一貫指導
・クリエイティブな選手の育成

“判断力”と“目的意識”をもったチームファンダメンタル ~目力・合理性の追求~ 【第2巻】

巻タイトル : ディフェンスの5原則

指導 : 鷲野 鋭久(愛知県・津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、JBA U-15女子トップエンデバーコーチ)実技協力 : 藤浪中学校女子バスケットボール部

詳細

前回の【判断力育成のためのファンダメンタルドリル】において「視野を伴ったファンダメンタルを獲得しよう!」というコンセプトで多くのドリルを紹介しましたが、今回のシリーズではその獲得したファンダメンタルをいかにチームの力に変えていくか・・・という観点で作られたものです。
チーム力を高めるためには様々な「あわせ」が必要になります。プレイとしての「あわせ」や人としての「あわせ」です。今回のシリーズではまさに「人とあわせるための感性を養う合理的なドリル」が数多く紹介されています。
チームとして完成度を高めるためには、あらゆる事態に遭遇してもパニックにならない自信を持ち、創造力豊かなクリエイティブな選手が育っていることが必要です。前回のシリーズに併せてこのシリーズをご覧いただけば、15歳前後のプレーヤー育成のための指導エッセンスを確認~身につけることができます。ぜひ、日々の指導にお役立てください!
ディフェンスの条件は「意欲50%・能力10%・技術40%」といわれています。チームとしてはディフェンスの目的意識を共通理解することが必要で、その上にたって視野(情報)・・・1人で5人を見る(守る)、ボールを5人で見る(守る)ことでチームとして予測が生まれてきます。チームビジョンとしてのディフェンス強化のためのエッセンスがふんだんに盛り込まれた動画です。

■ディフェンスの5原則

“判断力”と“目的意識”をもったチームファンダメンタル ~目力・合理性の追求~ 【第3巻】

巻タイトル : ゾーンプレスディフェンスの考え方

指導 : 鷲野 鋭久(愛知県・津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、JBA U-15女子トップエンデバーコーチ)実技協力 : 藤浪中学校女子バスケットボール部

詳細

前回の【判断力育成のためのファンダメンタルドリル】において「視野を伴ったファンダメンタルを獲得しよう!」というコンセプトで多くのドリルを紹介しましたが、今回のシリーズではその獲得したファンダメンタルをいかにチームの力に変えていくか・・・という観点で作られたものです。
チーム力を高めるためには様々な「あわせ」が必要になります。プレイとしての「あわせ」や人としての「あわせ」です。今回のシリーズではまさに「人とあわせるための感性を養う合理的なドリル」が数多く紹介されています。
チームとして完成度を高めるためには、あらゆる事態に遭遇してもパニックにならない自信を持ち、創造力豊かなクリエイティブな選手が育っていることが必要です。前回のシリーズに併せてこのシリーズをご覧いただけば、15歳前後のプレーヤー育成のための指導エッセンスを確認~身につけることができます。ぜひ、日々の指導にお役立てください!
ゲームの中でゾーンプレスを操れないとゲームが全く作れなくなるときがあります。この巻ではゾーンプレスディフェンス(2-2-1)の狙いどころから1線そして2線3線の動きを分解して局面ごとにチーム全体として動きを身に付けていきます。またプレスダウンにおいては数的優位をつくって3方向を埋めていくことを念頭に分解~段階指導を行います。

■ゾーンプレスディフェンスの考え方

“判断力”と“目的意識”をもったチームファンダメンタル ~目力・合理性の追求~ 【第4巻】

巻タイトル : ゾーンオフェンスの考え方

指導 : 鷲野 鋭久(愛知県・津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、JBA U-15女子トップエンデバーコーチ)実技協力 : 藤浪中学校女子バスケットボール部

詳細

前回の【判断力育成のためのファンダメンタルドリル】において「視野を伴ったファンダメンタルを獲得しよう!」というコンセプトで多くのドリルを紹介しましたが、今回のシリーズではその獲得したファンダメンタルをいかにチームの力に変えていくか・・・という観点で作られたものです。
チーム力を高めるためには様々な「あわせ」が必要になります。プレイとしての「あわせ」や人としての「あわせ」です。今回のシリーズではまさに「人とあわせるための感性を養う合理的なドリル」が数多く紹介されています。
チームとして完成度を高めるためには、あらゆる事態に遭遇してもパニックにならない自信を持ち、創造力豊かなクリエイティブな選手が育っていることが必要です。前回のシリーズに併せてこのシリーズをご覧いただけば、15歳前後のプレーヤー育成のための指導エッセンスを確認~身につけることができます。ぜひ、日々の指導にお役立てください!
ゾーンオフェンスではボールをゆっくり人は早く、守りづらいところを攻め、オーバーロードを作ることを基本コンセプトとして行います。速攻においては日本人の短所、長所を踏まえ「何のためにどこに何をすべきか・・・」という意識を共通理解します。そしてフィギアエイトを様々な場面設定を通してチームとしての得点パターンを確立して行きます。

■ゾーンオフェンスの考え方

“判断力”育成のためのファンダメンタルドリル スキルよりウィル~More will than skill~

“判断力”育成のためのファンダメンタルドリル 【第1巻】

巻タイトル : トレーニングアップ

指導 : 鷲野 鋭久(U-15女子日本代表チームヘッドコーチ/愛知県津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、前・大治中学校女子バスケットボール部監督)実技協力 : 愛知県大治町立大治中学校女子バスケットボール部

詳細

緊迫した場面・・・周りを冷静に見て素早く判断を行う。そしていかにベストのプレーを選択し、無駄なくシンプルに行うことが出来るか。これが今回ご紹介する「判断力育成のための、視野を伴ったファンダメンタル」の骨子に他なりません。言葉では簡単ですが、刻々と変化する状況を一瞬に判断しプレーに結び付けるには、徹底した訓練そして反復が必要になります。このドリルは、どのような状況・局面で活きるのか・・・その意味付けをプレーヤーが理解できれば、ゲーム中よく陥るパニックも回避でき周辺視野を確保した「一歩上質」なバスケットボールを展開することが可能になります。このドリル集にはプレーヤーの能力を最大限に活かせるエッセンスに満ちています。日々のトレーニングの質的改善にぜひともお役立てください!ここでは、バスケットボールにおいて基礎技術となるスタンスとボール・ボディコントロールを身に付けるためのウォーミングアップドリルを紹介。「判断力育成」の要素が含まれるドリル集になっています。

“判断力”育成のためのファンダメンタルドリル 【第2巻】

巻タイトル : プロテクトシュート

指導 : 鷲野 鋭久(U-15女子日本代表チームヘッドコーチ/愛知県津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、前・大治中学校女子バスケットボール部監督)実技協力 : 愛知県大治町立大治中学校女子バスケットボール部

詳細

緊迫した場面・・・周りを冷静に見て素早く判断を行う。そしていかにベストのプレーを選択し、無駄なくシンプルに行うことが出来るか。これが今回ご紹介する「判断力育成のための、視野を伴ったファンダメンタル」の骨子に他なりません。言葉では簡単ですが、刻々と変化する状況を一瞬に判断しプレーに結び付けるには、徹底した訓練そして反復が必要になります。このドリルは、どのような状況・局面で活きるのか・・・その意味付けをプレーヤーが理解できれば、ゲーム中よく陥るパニックも回避でき周辺視野を確保した「一歩上質」なバスケットボールを展開することが可能になります。このドリル集にはプレーヤーの能力を最大限に活かせるエッセンスに満ちています。オフェンスファンダメンタル3大要素「シュート」「ドリブル」「パス」の中で得点に直接結びつく「シュート」技術を習得する為のドリル集。様々な局面を想定する事により、実際のゲームのなかで、最良のプレーを行う為の「判断力」を育成します。

“判断力”育成のためのファンダメンタルドリル 【第3巻】

巻タイトル : サークルドリブル

指導 : 鷲野 鋭久(U-15女子日本代表チームヘッドコーチ/愛知県津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、前・大治中学校女子バスケットボール部監督)実技協力 : 愛知県大治町立大治中学校女子バスケットボール部

詳細

緊迫した場面・・・周りを冷静に見て素早く判断を行う。そしていかにベストのプレーを選択し、無駄なくシンプルに行うことが出来るか。これが今回ご紹介する「判断力育成のための、視野を伴ったファンダメンタル」の骨子に他なりません。言葉では簡単ですが、刻々と変化する状況を一瞬に判断しプレーに結び付けるには、徹底した訓練そして反復が必要になります。このドリルは、どのような状況・局面で活きるのか・・・その意味付けをプレーヤーが理解できれば、ゲーム中よく陥るパニックも回避でき周辺視野を確保した「一歩上質」なバスケットボールを展開することが可能になります。このドリル集にはプレーヤーの能力を最大限に活かせるエッセンスに満ちています。オフェンスファンダメンタル3大要素のうちゲーム中、最も多く使われる技術「ドリブル&パス」のドリル集。フロア状況を「観て、考えて、感じる」事が多く求められる「ドリブル&パス」の練習は、全て、ゲーム中の局面を想定して行われ、基礎技術の習得と共に「判断力」を育成するドリルになっています。

“判断力”育成のためのファンダメンタルドリル 【第4巻】

巻タイトル : ボール(ボディ)コントロール

指導 : 鷲野 鋭久(U-15女子日本代表チームヘッドコーチ/愛知県津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、前・大治中学校女子バスケットボール部監督)実技協力 : 愛知県大治町立大治中学校女子バスケットボール部

詳細

緊迫した場面・・・周りを冷静に見て素早く判断を行う。そしていかにベストのプレーを選択し、無駄なくシンプルに行うことが出来るか。これが今回ご紹介する「判断力育成のための、視野を伴ったファンダメンタル」の骨子に他なりません。言葉では簡単ですが、刻々と変化する状況を一瞬に判断しプレーに結び付けるには、徹底した訓練そして反復が必要になります。このドリルは、どのような状況・局面で活きるのか・・・その意味付けをプレーヤーが理解できれば、ゲーム中よく陥るパニックも回避でき周辺視野を確保した「一歩上質」なバスケットボールを展開することが可能になります。このドリル集にはプレーヤーの能力を最大限に活かせるエッセンスに満ちています。日々のトレーニングの質的改善にぜひともお役立てください!ここでは、「シュート」「ドリブル」「パス」の技術をつなぐ「ジョイント」のドリル集。「ジョイント」の基本であるボールコントロールから始まり、突き出し、シェービング、ボールミートといったドリルを段階的に紹介します。それぞれのドリルはディフェンスを想定しない基礎練習からスタートし技術をしっかりと身に付け、その後、ゲーム中のディフェンスを想定した応用練習へと移項していきます。これにより、しっかりとした技術力+判断力(視野)を習得します。

“判断力”育成のためのファンダメンタルドリル 【第5巻】

巻タイトル : シェービングシュートドリル

指導 : 鷲野 鋭久(U-15女子日本代表チームヘッドコーチ/愛知県津島市立藤浪中学校女子バスケットボール部監督、前・大治中学校女子バスケットボール部監督)実技協力 : 愛知県大治町立大治中学校女子バスケットボール部

詳細

基本技術と判断力(視野)をゲーム中に、より効果的に使う為の総合練習ドリル。また、バスケットのチーム戦術に欠かせない「速攻」のパターンを紹介します。選手全員が共通理解のもとに、フロア状況を的確に判断し、タイミングを合わせて動くことが重要な「速攻」。この「速攻」の練習も、常にゲーム中におけるディフェンスを想定して行います。

本サイトは、ジャパンライム株式会社によって管理・運営されています。本サイトに掲載されている映像・画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | 会社案内

Copyright (c) Japan Laim Co.,Ltd. All Rights Reserved.