people

Web上でPTセミナーの講義が聴ける PTセミナーアーカイブスでは、第一線で活躍する選りすぐりの 講師陣によるセミナー映像を配信しております。

school

多彩な内容でスキルアップに役立つコンテンツ 身体機能の回復に必要な知識、施術ノウハウ、セラピストと しての心構えなど、全国各地、様々なテーマで開催された セミナーの様子をお届けします。

language

セミナー会場が遠い方でも最新の知識と技術が学べる 幅広い知識を習得しスキルアップを目指されている方、 遠方でなかなかセミナーに参加できない方に向けて、 臨床の現場で使える知識と技術を配信していきます。

playlist_add

続々、新たなコンテンツを撮影予定 PTセミナーアーカイブスでは、今後もジャパンライム主催の セミナーを中心にPT向けセミナーの映像を追加していきます。

肩関節術後の理学療法セミナー
~腱板断裂/肩関節不安定症~

講師 : 村木孝行(東北大学病院 リハビリテーション部)

腱板断裂や肩関節不安定症は手術適応となることが多い肩関節疾患です。
手術が行われた場合は、手術の目的と術後経過に沿った理学療法を展開し、安全かつ円滑な回復をもたらなさなければなりません。
そのために本セミナーでは各疾患の病態や各手術の基本事項および、侵襲部位へかかる負荷について解説します。
加えて手術により低下した機能、術前から低下している機能をそれぞれ把握する方法を学び、効果的・効率的な術後理学療法が提供できるようになることを目的としています。
※このセミナーは、2017年5月に行われたセミナーを収録したものです。

公開予定
2017/05/22

腱板断裂① (72分6秒)
◎肩峰下組織
◎関節外・内の靭帯・関節包
◎腱板不全断裂・完全断裂
◎断裂した腱板筋の筋委縮と脂肪浸潤/筋の長さ
◎断裂の拡大
◎腱板筋群の関節内機能
◎SABブロック前後のROM変化
◎SABブロック後の運動変化と筋活動変化
◎腱板修復術
◎鏡視下腱板修復術(ARCR)術後プロトコール例
◎Mini-Open: 三角筋からの侵入
◎広範囲断裂に対する手術:腱移行術
◎リバース(反転)型人工関節
◎術後リハの基本的な考え方

公開予定
2017/05/22

腱板断裂② (53分58秒)
※実技あり
◎腱板筋群の伸張肢位
◎棘上筋が伸張される肢位
◎小円筋が伸張される肢位
◎肩甲下筋上部が伸張される肢位
◎抵抗運動時の伸張負荷
◎肩峰下インピンジメント
◎インターナルインピンジメント
◎インピンジメントに対するアルゴリズム
◎拳上角度と肩峰外側の状態(健常)
◎肩甲上腕関節角度から評価

公開予定
2017/05/22

腱板断裂③ (73分23秒)
※実技・資料映像あり
◎骨頭を上方変位させる筋群
◎骨頭の前後位置に影響:大胸筋
◎インターナルインピンジメント:肩甲骨運動に影響される
◎肩甲骨運動(肩鎖関節)
◎鎖骨運動(胸鎖関節)
◎僧帽筋
◎前鋸筋
◎小胸筋
◎肩甲挙筋・菱形筋
◎二関節筋:大胸筋・広背筋
◎装具の着脱・着衣動作(動画あり)
◎就寝姿勢
◎可動域運動
◎代償筋のリラクゼーション
◎患部外運動
◎固定時に肩甲骨を動かしてよいか?
◎肩甲骨運動時の筋活動
◎体幹の運動方略による違い
◎肩関節周囲の筋活動
◎棘上筋伸張制限による翼状肩甲
◎自動運動・抵抗運動
◎肩甲骨周囲群の役割:運動初期
◎挙上開始・下降最終時の翼状肩甲
◎筋長と収縮力の関係
◎加速度で筋力を補う

公開予定
2017/05/22

肩関節不安定症 (41分07秒)
◎不安定症の種類・症状
◎外傷性不安定症の特徴
◎Bankart(バンカート)損傷
◎関節窩欠損(Bony defect)
◎多方向不安定症の特徴
◎不安定症は肩甲骨が動かない
◎肩甲骨下方回旋による下方亜脱臼
◎肩関節安定化手術
◎Bankart修復術
◎鏡視下Bankart修復術(ABR)術後プロトコール例
◎Hill-Sachs損傷/Remplissage
◎ABR + Remplissage
◎烏口突起移行術 Bristow-Latarjet法
◎術後リハの基本的な考え方
◎関節上腕靭帯の外旋制動作用
◎上腕骨頭位置の評価
◎可動域運動
◎自動運動・抵抗運動(動画あり)
◎肩甲骨運動